林森按摩店でセクハラ 来店客の男に傷害罪

林森北路にあるマッサージ店で、昨年、来店客の男がスタッフの女性にセクハラ行為を拒絶され憤慨、同女性に暴行を働いた件で、台北地方検察署は4月1日(月)、男を傷害罪で起訴した。
起訴状によると男は41歳で、昨年10月11日に同店を訪れ、当該の女性スタッフを指名。施術中に女性の胸へ手を伸ばしたところ「そういうサービスは行っていない」と拒絶され、女性に殴る蹴るの暴行を加えた。
(4月1日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
  2. 台北市内で4月10日(水)、「ミシュランガイド2019」台北版の発表会と受賞式が行われ、唯一の3…
  3. 台北地方検察署と海巡署の合同捜査班は4月9日(火)、中国にて偽造された日本の旧紙幣を密輸し転売し…
PAGE TOP