林森按摩店でセクハラ 来店客の男に傷害罪

林森北路にあるマッサージ店で、昨年、来店客の男がスタッフの女性にセクハラ行為を拒絶され憤慨、同女性に暴行を働いた件で、台北地方検察署は4月1日(月)、男を傷害罪で起訴した。
起訴状によると男は41歳で、昨年10月11日に同店を訪れ、当該の女性スタッフを指名。施術中に女性の胸へ手を伸ばしたところ「そういうサービスは行っていない」と拒絶され、女性に殴る蹴るの暴行を加えた。
(4月1日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本統治時代の台湾で抗日闘争「霧社事件」の犠牲者を追悼する式典を前に、闘争を率いたセデック族の頭…
  2. 2023年の竣工が見込まれる桃園国際空港第3ターミナルの建設工事に関し、交通部長・林佳龍氏は空港…
  3. フードデリバリースタッフによる交通事故が相次いでいる件で、台北市労働局は10月15日(火)、事故…
PAGE TOP