松菸で三度の発砲事件 暴力団絡み絶えず

 

台北市信義区の「台北文創大楼(通称:松菸大楼)」にて2月27日(火)、発砲事件が発生。22歳の暴力団員の男が同日、弁護士を伴い自首した。

同ビルでは昨年11月1日(水)と今年1月19日(金)にも発砲事件が発生。1月は同日犯人が逮捕されたが、11月の案件では1カ月以上に及ぶ捜査の末に犯人を特定した。警察では暴力団による度重なる事件の全容を明らかにすべく捜査を進めている。

(2月28日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市にて自家用車を運転中の男性がほかの車両に接触、飲酒していたため摘発を恐れ香水で口を漱いだと…
  2. 台湾鐵道では4月4日(木)~7日(日)の清明節連休に際し、3日(水)から特別ダイヤでの運行を実施…
  3. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
PAGE TOP