松菸で三度の発砲事件 暴力団絡み絶えず

 

台北市信義区の「台北文創大楼(通称:松菸大楼)」にて2月27日(火)、発砲事件が発生。22歳の暴力団員の男が同日、弁護士を伴い自首した。

同ビルでは昨年11月1日(水)と今年1月19日(金)にも発砲事件が発生。1月は同日犯人が逮捕されたが、11月の案件では1カ月以上に及ぶ捜査の末に犯人を特定した。警察では暴力団による度重なる事件の全容を明らかにすべく捜査を進めている。

(2月28日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  2. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
  3. 屏東縣警察局恆春分局は8月5日(月)夜、満州郷にて周辺一帯の民家に忍び込み食糧などの盗みを繰り返…
PAGE TOP