東急リバブル、台湾で会見 マレーシアの不動産販売

 

日本の不動産大手「東急リバブル」の台湾現地法人「東急房地産」は6月27日(水)、台北市内でマレーシアの不動産販売に関する記者会見を行った。この席上で、台湾の同業「巨盛國際顧問有限公司」と提携し、台湾人向けにマレーシアの高級物件の販売を促進していくことを発表した。

会見では東急房地産董事長・木内亮氏、巨盛董事長・彭群皓氏と駐台湾マレーシア代表・馮淑娟氏が出席。木内氏によると、マレーシアでは外国人の不動産関連法が整備されており、購入者・販売者ともに法によって保障されていること、セカンドハウス保持者に長期滞在ビザが発給されること、外国人でも住宅ローンが組めることなどを挙げ、不動産購入に関し非常に条件の整った国であると述べた。

また馮氏はマレーシアについて、東南アジアにおいて唯一外国人の土地所有を認めており、リタイア後の移住に適していると後押しした。

(6月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 公式発表では80慢人を動員したとされる高雄市の年越しカウントダウンイベント会場で、パパイヤミルク…
  2. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  3. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
PAGE TOP