木材の違法伐採犯を追跡 思いがけずヘロイン発見

 

南投縣地方検察庁は9月13日(水)、縣内竹山鎮にある木材の違法伐採の疑いのある男の住居を捜索中、牛樟芝326kgに加えヘロイン約500g(末端価格100万元超)、アンフェタミンと現金5万元超を発見。男の身柄はすでに地検によって押さえられている。

牛樟芝はキノコの一種で、解毒作用があり古くから台湾先住民によって服用され、2002年の「SARS(重症急性呼吸器症候群)」発生時の治療に用いられて以来、高値で取引されるようになった。山地では〝山老鼠〟と呼ばれる、違法に採取し転売をする者が多く現れ、近年は絶滅が危惧され台湾政府が牛樟芝を天然記念物に指定、伐採を禁止している。

南投地検は先日、700kgあまりの牛樟芝を保有していた男を摘発。出所を探るうち、森林法違反及び毒物に関する前科を持つ男の存在を突き止めた。男宅では牛樟芝326kgのほか、ヘロイン538.4kg、アンフェタミン6.64g、包装資材に秤、吸引用具などが見つかった。

(9月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾中央選挙委員会は4月17日(火)、同性婚反対に関する3つの国民投票案が合法で…
  2. 2016年3月に台北市内湖区で発生した幼女通り魔殺害事件の繰り延べ裁判が4月16…
  3. 労働部職業安全衛生署は近頃、台湾全土にあるドリンクスタンドを無作為に20店抽出、…
PAGE TOP