有名美容クリニックで術中死 52歳女性、脂肪注入豊胸術で

 

台北市大安区の美容クリニック「嘉仕美診所」にて1月23日(火)、52歳の香港人女性が術中ショックにより死亡した。

同クリニックは芸能人であるカレン・フー(胡盈禎)の夫で整形外科医の李進良が経営。この女性は小部位の整形で同クリニックを度々訪れており、先日友人を伴って訪れた際、脂肪吸引を希望し、医師の勧めを受けて死亡注入豊胸手術に同意した。手術では女性の腕から3000cc余りの脂肪を吸引し胸部へ注入するものだったが、まもなく完了するという時点で女性がショック状態となり、医療機関へ搬送されたが治療の甲斐なく死亡が確認された。

執刀医と麻酔担当医は自身の過失を否認。術前検査では問題はなかったうえ、以前も同型の麻酔薬を使用していたため、ショックの原因とは考えられないとしている。

検察によると、クリニック側は遺族との和解を望んでいる。

(1月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  2. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  3. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
PAGE TOP