曹操の遺体発見の報道拡散 考古学研究所「未だ不明」

 

台湾を含む世界中のメディアが近頃、三国時代の武将・曹操の墓が河南省安陽にて発見され、曹操の遺体を確認したと報道。一時ネット上で騒がれたが、追って中国の考古学研究所が遺体はまだ曹操のものと確定できないと公表した。

曹操の遺体とされたのは、60歳代の男性のもの。遺体が発見された墓が調査により曹操のものであると判明し、65歳で亡くなったと記録に残された曹操と同年代であることから、曹操自身ではないかと推定で調査がなされてきたが、未だ真相は明らかになっていない。

しかしながらこの遺体は2009年の発掘作業で発見されたもので、今回新たに事実を裏づける証拠が見つかったわけではないという。

(3月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP