普悠瑪號事故の昏睡男児 奇跡的に目覚め笑顔見せる

昨年10月21日(日)、台湾東部の宜蘭縣で発生した特急列車「普悠瑪號」6432便による脱線事故で負傷した7歳の男児が、2月21日(木)、4カ月に及ぶ昏睡から奇跡的に意識を取り戻した。
 
男児は台東に住んでおり、台北で行われた知人の結婚式に参列した帰り道での事故だった。事故で頭を強く打ち、脳挫傷から脳出血を起こし昏睡。宜蘭の病院に入院したが昨年12月台北に転院、1月に市内で再び転院し、医師らの懸命な治療の甲斐あって意識を取り戻した。
 
意識も次第にはっきりし、呼びかけに答えたり笑顔を見せたりしているという。
 
(2月22日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  2. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
  3. 広島的ソウルフード六張犁駅から徒歩10分、裏路地に佇む鉄板居酒屋「鐵匠」。広島出身の一代目と…
PAGE TOP