普悠瑪號事故の昏睡男児 奇跡的に目覚め笑顔見せる

昨年10月21日(日)、台湾東部の宜蘭縣で発生した特急列車「普悠瑪號」6432便による脱線事故で負傷した7歳の男児が、2月21日(木)、4カ月に及ぶ昏睡から奇跡的に意識を取り戻した。
 
男児は台東に住んでおり、台北で行われた知人の結婚式に参列した帰り道での事故だった。事故で頭を強く打ち、脳挫傷から脳出血を起こし昏睡。宜蘭の病院に入院したが昨年12月台北に転院、1月に市内で再び転院し、医師らの懸命な治療の甲斐あって意識を取り戻した。
 
意識も次第にはっきりし、呼びかけに答えたり笑顔を見せたりしているという。
 
(2月22日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP