春節の鉄道帰省ラッシュ 発売から1分間で19万枚

台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万6000人が販売サイトにアクセスし、19万枚のチケットを売り上げていたことがわかった。
台湾鉄道では1月23日(水)~2月11日(月)分の宜蘭線、北迴線、花東線、南迴線の乗車チケットを電話及びインターネット、コンビニにて発売。9日(水)9時時点までには23万9240件の取引があり、計50万4013枚のチケットを販売。ネット上ではスムーズに購入できたとする人と、アクセスしてもなかなか繋がらなかったとの両極端な声が寄せられた。
なお台北―花蓮・台東行きと高雄発花蓮・台東行きで2月1日(金)夜と2日(土)終日、戻りは9日(土)終日と10日(日)昼以降の自強號便に売り切れが出ているという。3日(日)~8日(金)に関してはいずれもまだ発売中。
(1月9日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP