日本製虫除けグッズ転売 ライセンス未取得で違反

 

台北市政府環境保護局は近頃、台湾のネットオークションで販売されている日本の虫除け製品9点が、台湾の医薬品ライセンスを未取得であるとして、販売者に54万元の罰金を科した。

台湾では「環境用薬管理法」規定に基づき、旅行客が少量の医薬品を携帯し持ち帰ることができるが、個人使用の目的に限られ、販売・転売は禁止されている。違反した場合の罰金は最高で30万元。

なお過去には高雄市に住む大学生が、同様に日本から持ち帰った蚊除けスプレーなどをネットで転売、3万元の罰金を科されたケースもある。

(5月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

分類

ピックアップ記事

  1. 1 HUAWEIの最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕 2 「普悠瑪号…
  2. 嘉義縣水上郷に住む10歳の男児2人が、11月23日(金)の午後下校した後そのまま家出し、翌24日…
  3. 台北市の太原路上で11月23日(金)9時頃、日本の成人向け動画会社の台湾支社幹部が3人の男に襲撃…
PAGE TOP