旅行者のドラッグ運搬 夏休みの若者狙い急増

台湾を含め国際的に暗躍するドラッグ売買グループが、夏休みを利用した旅行者を越境運び屋に仕立てたケースが頻発している。
刑事局では6月から、桃園空港にてヘロインや大麻など計80㌔超のドラッグを押収。末端価格は1億7000万元に及び、運搬に関わった13人を送検するとともに黒幕と金の流れを追っている。
販売グループは前科のない若い男女をターゲットに、食費や宿泊費を提供しアメリカやカナダ、タイなどへの旅行を餌としてドラッグを運搬させ、さらに成功すれば10万元の報酬を与えるなどしている。警察は犯罪への関与であることを強調し、安易にかかわらないよう注意を呼び掛けている。
(8月14日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP