新竹の銀行で強盗事件発生 男性行員1人撃ち殺される

 

新竹市の銀行「合作金庫」竹塹支店にて11月24日(金)午後、拳銃を持った男が押し入り、現金73万元を奪うと男性行員1人を撃ち殺して逃走する事件があった。

犯人の男は犯行現場から約300mの距離にあるマンションに逃げ込んだが、警察に取り囲まれ階段から首を吊って自殺。警察の調べによると男は39歳、強盗や薬物使用、恐喝などの前科があり、2009年にも強盗で服役、2年前に仮釈放となり今年4月に刑期を満了したばかりだった。

なお被害者の行員は50歳で、16歳の娘と80歳代の両親を扶養していた。

(11月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP