新竹の銀行で強盗事件発生 男性行員1人撃ち殺される

 

新竹市の銀行「合作金庫」竹塹支店にて11月24日(金)午後、拳銃を持った男が押し入り、現金73万元を奪うと男性行員1人を撃ち殺して逃走する事件があった。

犯人の男は犯行現場から約300mの距離にあるマンションに逃げ込んだが、警察に取り囲まれ階段から首を吊って自殺。警察の調べによると男は39歳、強盗や薬物使用、恐喝などの前科があり、2009年にも強盗で服役、2年前に仮釈放となり今年4月に刑期を満了したばかりだった。

なお被害者の行員は50歳で、16歳の娘と80歳代の両親を扶養していた。

(11月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP