政府機関公務員が盗撮 本人は「過失」を主張

MRT西門駅の構内にて7月7日(土)、女性の脚部を盗撮した男が「国家発展委員会」副主任委員・邱俊栄だったことがわかった。

現場を取り押さえた人物によると、男は謝罪の言葉を口にしながら、スマートフォン内の多数の写真を削除。邱俊栄は7月8日(日)午後、被害女性と世間を騒がせたことに対する謝罪文を公開するとともに、主任委員に対し辞任を申し出、受理されたことを公表した。

しかしながらこの声明文では、スマホ操作時に誤って女性を撮影してしまい、盗撮ではなく「過失」と主張。警察は報告を受け調査を進めている。

(7月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP