性的指向理由にいじめ 台中の中学校で跳び下り

台中市にある中学校で、4月22日(月)、3年生の男子生徒が4階から跳び下りるという事件があった。男子生徒は両脚の複雑骨折で手術を受け入院している。
家族らは25日(木)、Facebook上に男子生徒が長期に渡り性的指向を理由に3人の同級生からいじめに遭っていたこと、学校側に相談しても対応してもらえなかったため跳び下りたことを投稿。さらに病院を訪れた校長と保護者会会長は家族に対し「訴訟を起こしても勝算はない」、「保険を申請したければいじめには触れるな」などと脅したという。男子生徒は両脚の損傷がひどく、回復しても正常な歩行ができない可能性があるという。
なお屏東縣で19年前、同様のいじめを受けた男子生徒が死亡しており、ネット上では義務教育課程でのLFBT教育を促進するよう要請する声が多く挙がっている。
(4月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  2. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
  3. 広島的ソウルフード六張犁駅から徒歩10分、裏路地に佇む鉄板居酒屋「鐵匠」。広島出身の一代目と…
PAGE TOP