後藤希美子2年前に死去 死後夫が友人に明かす

 

日本出身の台湾人女優・後藤希美子(邢慧君)が、2016年にがんのため亡くなっていたことが1月24日(水)、わかった。36歳だった。

後藤希美子は2000年のドラマ「麻辣鮮師(邦題:明星★学園)」の出演で人気となったが、03年週刊誌によって日本人でないことを暴露された。本人は韓国生まれの台湾華僑であり、日本は長期居留許可を取得していると説明。しかしながら05年の映画出演後は芸能界から離れ、マネージャーの夫とともに東京で暮らしていた。夫は彼女の死後の手続きがすべて完了したため、友人らに伝えたという。

(1月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP