後藤希美子2年前に死去 死後夫が友人に明かす

 

日本出身の台湾人女優・後藤希美子(邢慧君)が、2016年にがんのため亡くなっていたことが1月24日(水)、わかった。36歳だった。

後藤希美子は2000年のドラマ「麻辣鮮師(邦題:明星★学園)」の出演で人気となったが、03年週刊誌によって日本人でないことを暴露された。本人は韓国生まれの台湾華僑であり、日本は長期居留許可を取得していると説明。しかしながら05年の映画出演後は芸能界から離れ、マネージャーの夫とともに東京で暮らしていた。夫は彼女の死後の手続きがすべて完了したため、友人らに伝えたという。

(1月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市三民区にある小学校で、学校指定の制服が一式4000元余りと高額であることか…
  2.   行政院は5月14日(月)、低給与の救済に関する法案を公布。来年1月にも1…
  3.   日本で焼き鳥修業中山北路二段から林森公園につながる小路を入ると、真新しいコンクリート打…
PAGE TOP