後藤希美子2年前に死去 死後夫が友人に明かす

 

日本出身の台湾人女優・後藤希美子(邢慧君)が、2016年にがんのため亡くなっていたことが1月24日(水)、わかった。36歳だった。

後藤希美子は2000年のドラマ「麻辣鮮師(邦題:明星★学園)」の出演で人気となったが、03年週刊誌によって日本人でないことを暴露された。本人は韓国生まれの台湾華僑であり、日本は長期居留許可を取得していると説明。しかしながら05年の映画出演後は芸能界から離れ、マネージャーの夫とともに東京で暮らしていた。夫は彼女の死後の手続きがすべて完了したため、友人らに伝えたという。

(1月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 直輸入の極上黒毛和牛昨年8月、食の激戦区である「東区」に海外1号店をオープンさせた「京昌園」…
  2. 1 台風5号の影響で小琉球など国内13路線96便が欠航2 國…
  3. 高雄に住む女性が、近頃母親に口汚く罵られたとして母親を訴えていた件で、高雄市法院は娘の言い分を認…
PAGE TOP