後藤希美子2年前に死去 死後夫が友人に明かす

 

日本出身の台湾人女優・後藤希美子(邢慧君)が、2016年にがんのため亡くなっていたことが1月24日(水)、わかった。36歳だった。

後藤希美子は2000年のドラマ「麻辣鮮師(邦題:明星★学園)」の出演で人気となったが、03年週刊誌によって日本人でないことを暴露された。本人は韓国生まれの台湾華僑であり、日本は長期居留許可を取得していると説明。しかしながら05年の映画出演後は芸能界から離れ、マネージャーの夫とともに東京で暮らしていた。夫は彼女の死後の手続きがすべて完了したため、友人らに伝えたという。

(1月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
  2. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
  3. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
PAGE TOP