建物壁面のレンガ脱落 重さ1000㌔にも

高雄市岡山区寿天路にあるクリニックで、6月4日(火)10時頃、建物外壁のレンガが大量に剥がれ落ち、約20㍍下に停めてあった車両などが破損した。
この建物は築30年の4階建てで、すべて同クリニックが入居。レンガの総重量はおよそ1000㌔にも及ぶという。当時は雨が降っており、幸いけが人はいなかった。院内にいた関係者や患者はレンガが脱落する音を聞き雷と思ったと話している。
(6月5日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP