幼稚園教師の虐待 安全ピンで女児の手刺す

台中市の幼稚園で、女児が教師に安全ピンで手を刺されたとして母親がSNS上で告発、警察も介入し教師が母親に謝罪するという出来事があった。
女児はこの幼稚園に3年通っており、5月16日(木)帰宅後、母親に対し教師に針で手を刺されたと訴えた。母親は直ちに幼稚園に連絡したが、教師は女児が安全ピンで遊んでいて自分で刺したと説明。後にSNS投稿が拡散し謝罪したが、母親が警察に通報した。
台中市教育局は17日(金)に通報を受け、同園に出向き調査を実施。園側の過失を認め1万8000元の罰金を科した。さらに同教師は女児が自分で刺したものと主張、同局は教師を解雇処分とした。
(5月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. フードデリバリースタッフによる交通事故が相次いでいる件で、台北市労働局は10月15日(火)、事故…
  2. 日本の母の味を再現日本で暮らした5年間、よくおにぎりを作って食べていたというオーナー・NiN…
  3. 1 foodpanda、労働部の「虚偽雇用関係」指摘にNO 2 韓国f(…
PAGE TOP