年明け早々の鉄道事故 2人が撥ねられ死亡

 

台湾鉄道では1月1日(月)、2件の人身事故が発生し、乗客およそ2390人に影響が出た。

同日10時頃、新竹駅で乗客の女性がホームから線路に転落し、電車に撥ねられ死亡。また苗栗県銅鑼郷でも同日23時20分、線路で1人が撥ねられ現場で死亡した。

台湾鉄道は2日(火)0時13分時点で乗客の輸送を、1時過ぎに事故処理を完了したことを発表。なお線路に転落した女性は自殺とみられている。

(1月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP