小琉球でウミガメ迫害 観光客の男性を送検

屏東縣西部の離島・小琉球にて6月10日(月)「観光客がウミガメを踏みつけている」との通報が海岸巡防署に寄せられた。
通報したのは島の住民で、島北部の花瓶岩付近で海中を撮影中、シュノーケリングをしていた男性が海底にいるウミガメを踏みつけているのを目撃。ウミガメはワシントン条約附属書Iに掲載される絶滅危惧種のアオウミガメで、同署は男性を特定、野生動物保護法違反で送検した。
(6月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP