小中校で新学期開始 93校で1学級に生徒1人

 

台湾の各縣市で8月30日(水)、小中学校の新学期が始まったが、うち93校の130クラスで「1学級に生徒1人」の状態が発生していることがわかった。

教育部によると、全国22縣市において今年の「1クラス1人」は昨年より60クラス増。新北市の10校及び花蓮縣の12校で各16クラスずつと最多となった。これらの学校はすべて、管轄区域に住む子どもが区域外校に越境入学するケースが多発しているという。

(8月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 彰化縣に住むインドネシア籍の女が12月7日(金)深夜、別れた元夫と15歳の娘を殺害する事件が発生…
  2. 12月3日(月)より行われていた台北市長選の再開票作業が、11日(火)16時半頃完了。市長に再当…
  3. 本場仕込みのピザ小巨蛋裏手に当たる八徳路と延吉街の角にあるイタリアン「Banco」。マヨルカ…
PAGE TOP