小中校で新学期開始 93校で1学級に生徒1人

 

台湾の各縣市で8月30日(水)、小中学校の新学期が始まったが、うち93校の130クラスで「1学級に生徒1人」の状態が発生していることがわかった。

教育部によると、全国22縣市において今年の「1クラス1人」は昨年より60クラス増。新北市の10校及び花蓮縣の12校で各16クラスずつと最多となった。これらの学校はすべて、管轄区域に住む子どもが区域外校に越境入学するケースが多発しているという。

(8月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP