学習塾講師、生徒を処罰 ビニールテープで5分拘束

 

屏東縣の学習塾で、最近、受講態度が悪かったという理由で講師が生徒2人をテープで縛り処罰した件で、同講師が強制罪により4万元の賠償を科された。

調べによると、講師は英語の授業を担当。該当の生徒2人が授業を聴かずに騒いでいたため、放課後に罰として2人を向かい合わせ、ビニールテープで頭部と腹部を縛り5分間に渡って拘束したという。生徒の1人が帰宅後、この件を父親に話したところ、講師の行為はやりすぎだとして告発。司法側は、教職に従事する者は子どもの行いに寛容さを持つべきと説き、講師に40日の労役と4万元の賠償を命じた。

(1月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 交通部は近頃、「道路交通違反管理統一罰則基準及び処理細則」の改正を完了。これによると来年1月1日…
  2. 新北市で高齢者の看護師として勤めるフィリピン人女性が、雇用主からセクハラを受けたとして訴えた件で…
  3. 台湾の映画監督・鈕承澤が12月5日(水)、新作「跑馬」の撮影中、女性スタッフに性的暴行を加えたと…
PAGE TOP