学生がバスに3元で乗車 警察直行で母親が激怒

高雄市で、近頃1人の女子学生が市内路線バスに乗車、財布を忘れ持っていた3元を料金箱に入れたところ、運転手に通報されそうになるという出来事があった。
同学生はほかの乗客が料金を支払うのに紛れ1元玉3枚を投入。運転手は学生が入れたことに気づいていたものの規定額を支払うよう車内アナウンスで全体に呼びかけたが、学生は名乗り出ず、さらに追及され財布を忘れたと説明した。
運転手は学生のキセル乗車を疑い、そのまま(バスを運転して)警察へ直行。学生が母親に電話で連絡し、駆け付けた母親は運転手の対応に激怒し、公然侮辱罪で訴えると主張している。
(7月31日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP