女性警察官の愛称募集 「女性を売りに」批判

 

宜蘭縣警察局羅東分局は3月5日(月)、公式フェイスブックページに派出所員女性の写真と動画を投稿。ネット上では「同僚を売りにするのか」と批判的なコメントが殺到している。

写真と動画は「この1月に卒業したばかりのこのかわいい女性に愛称を付けてあげて」とのコメント付き。ネットユーザーらは「プライベートな写真や動画を職場がウェブに公開する…自分だったらどう?」、「すべての女性職員に同じことをするの?」、「女性職員を売りにする(性差別的な)行為だ」といった批判が相次いだ。自身も警察官でありサッカー評論家の石明謹も不満を唱えている。

(3月6日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
  2. 台北市内で4月10日(水)、「ミシュランガイド2019」台北版の発表会と受賞式が行われ、唯一の3…
  3. 台北地方検察署と海巡署の合同捜査班は4月9日(火)、中国にて偽造された日本の旧紙幣を密輸し転売し…
PAGE TOP