女性警察官の愛称募集 「女性を売りに」批判

 

宜蘭縣警察局羅東分局は3月5日(月)、公式フェイスブックページに派出所員女性の写真と動画を投稿。ネット上では「同僚を売りにするのか」と批判的なコメントが殺到している。

写真と動画は「この1月に卒業したばかりのこのかわいい女性に愛称を付けてあげて」とのコメント付き。ネットユーザーらは「プライベートな写真や動画を職場がウェブに公開する…自分だったらどう?」、「すべての女性職員に同じことをするの?」、「女性職員を売りにする(性差別的な)行為だ」といった批判が相次いだ。自身も警察官でありサッカー評論家の石明謹も不満を唱えている。

(3月6日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP