女性警官に暴言の男 10万元の賠償支払い

台湾高等法院は7月23日(火)、新北市で昨年女性警察官に性差別的な暴言を吐いた男に対し、女性の名誉と権利を侵害する行為だとして10万元の賠償支払いを命じた。
男は昨年2月、タクシーの無賃乗車を試み、運転手が通報。新北市警察局樹林分局に勤務する女性警官が通報を受け現場に急行、男を現行犯で逮捕し分局へ身柄を移送中、男に「スカートを履いた奴はそこで黙っていろ」などと暴言を浴びせられたという。警官は男から侮辱を受けたとして公務執行妨害で送検、民事賠償を求めていた。
なお無賃乗車に関しては40日の懲役と4万元の罰金が確定している。
(7月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP