女性の飛び降り自殺遺体 清掃印が人形と間違い回収

台南市安平区のマンションで7月2日(月)、清掃スタッフが飛び降り自殺した女性の遺体を人形と間違えごみ回収車に乗せ集積場へ搬送。集積場で遺体で有ることが発覚し騒ぎになっていた。

亡くなった女性は30歳の理学療法士で、腎不全を患っていた。看病する両親の苦労を厭い自殺したとみられる。

遺体を回収してしまった清掃スタッフによると、女性は非常に身長が低く痩せていたことから、人形と見間違えたという。同日は雨が降っており、頭部からの血はすべて雨に流されてしまい、集積場に到着してから、頭部が陥没し大量の血を流しているのに気付き、警察に通報した。

(7月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP