大陸からの旅客減で痛手 宿泊施設18軒が売却望む

 

新北市旅館商業同業公会は9月19日(火)に行われた会員大会70周年記念式典の席上で、近頃大陸からの旅行客が減少し、18の宿泊施設が売却を試みていることを明らかにした。

同会理事長によると、宿泊施設の中には宿泊費を半額にするなどして旅行客を取り合う状況に陥っており、売り上げは新北市で最盛期の2~3割、南投日月潭、嘉義阿里山が3割以下、最も影響の大きい台東花蓮は1割にまで落ち込んでいる。

この状況を受け、政府は東南アジアからの集客に尽力しているが、消費額は大陸客の3分の1にも満たないという。

(9月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP