大阪北部地震で航空ストップ 台湾旅行客ら帰路足止めに

 

6月18日(月)朝、大阪府北部にてM6.1規模の地震が発生した。これにより陸・空とも交通面に大きく影響し、長栄・中華航空ではキャンセル待ちから漏れた旅客らが足止めとなった。長栄航空は翌19日(火)、予定していたエアバスA321型機をボーイング777の大型機に変更。前日に搭乗できなかった旅客を乗せ、台北へと飛び立った。

人気の観光スポット「ユニバーサル・スタジオ」は約2時間遅れで開園したものの多くのアトラクションが停止、著名な旧跡・寺社仏閣も閉館するなどの事態に、観光客らも肩を落とした。

震源に近いエリアでは17万戸が停電、10万戸がガス供給を停止。大阪府は地震発生後、近年人気の〝民泊〟利用者を含む外国人旅行者や居住者を対象とした「災害時多言語支援センター」を立ち上げたが、認知度が低く旅行者の利用には至らなかったという。

(6月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 公式発表では80慢人を動員したとされる高雄市の年越しカウントダウンイベント会場で、パパイヤミルク…
  2. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  3. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
PAGE TOP