大手石油会社に不合格 賠償は返金に無料給油

台湾の石油元売最大手の「台湾中油」は10月21日(日)、桃園の製油所にて品質検査を実施、オクタン価95のガソリンが基準値を下回る不合格品であったことを発表した。
 
この件を受け、同社はガソリンスタンド約60カ所を営業停止。また22日(月)、問題のガソリンを購入した人に全額を返金するとともに、同額分のガソリンを無料で給油するとした。この措置は当初今年末までとされていたが、消費者からの短すぎるとの声を受け来年6月末までとした。10月1日(月)~21日(日)の既刊、基隆、台北、新北、桃園、新竹、苗栗の関連店舗で給油をした消費者が対象。
 
同社の損失はガソリン1万2000㌔リットル、金額にして4億元。 
 
 
(10月23日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市にて自家用車を運転中の男性がほかの車両に接触、飲酒していたため摘発を恐れ香水で口を漱いだと…
  2. 台湾鐵道では4月4日(木)~7日(日)の清明節連休に際し、3日(水)から特別ダイヤでの運行を実施…
  3. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
PAGE TOP