大学のトイレに人形 学生ら10人が被害

新竹市の清華大学内のトイレに7月29日(月)、不気味な人形が置かれトイレを利用した学生が驚きのあまり失禁するという出来事があった。
学生はFacebook上の学生によるページ「靠北清大」上に、人形の写真とともに「人形を見てパンツに漏らした。便座に座る手間が省けてうれしい」と投稿。投稿は瞬く間に拡散され、人形は学内のギター部がビデオ撮影に使った小道具で、撤収時に置き忘れたものと判明した。
同部部員はネット上で謝罪し、この人形に驚いた人は10人以上にのぼり、すべての人に謝罪し被害があった場合は補償もすると真摯な態度を見せている。
(7月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP