外国籍看護師にセクハラ 雇用主の台湾人男を起訴

新北市で高齢者の看護師として勤めるフィリピン人女性が、雇用主からセクハラを受けたとして訴えた件で、新北市地方検察署は12月3日(月)、雇用主の男(74)をセクハラ予防法違反で起訴した。
 
女性はこの男とその兄に雇用され、2人の母親の看護師として自宅で勤務。しかし今年1月中旬頃、9日間に渡り胸部や臀部、陰部をまさぐられるなど連続してセクハラ行為を受けた。女性は当初我慢を決めていたが、行為がエスカレートしつつあったため通報。男は容疑を全面的に否認したが、ポリグラフ検査で嘘と判明、起訴された。
 
また9月にも台北市で外国籍看護師の女性に自慰行為を手伝うよう強要した男が強制猥褻罪で起訴されている。
(12月3日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市にて自家用車を運転中の男性がほかの車両に接触、飲酒していたため摘発を恐れ香水で口を漱いだと…
  2. 台湾鐵道では4月4日(木)~7日(日)の清明節連休に際し、3日(水)から特別ダイヤでの運行を実施…
  3. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
PAGE TOP