図書館での電話が騒音 奪った男性に罰金刑

高雄に住む中学校教師の男性が、市立図書館内で電話をしている女性の声がうるさいとして携帯電話を奪った件で、高雄市地方法院は近頃、男性に強制罪で6千元の罰金を科した。
男性は昨年6月市立図書館を訪れた際、女性がトイレ入り口付近で電話をかけているところに遭遇。女性の声が大きく、図書館の静寂が阻害されると感じ、女性の携帯電話を奪うと通路に出、掃除用具箱の上に置いたという。女性は通路へ出ようとしたが通路は反対側から施錠されており、スタッフの助けを借り電話機を取り戻した。またそのやりとりの中で女性は軽度の擦過傷や打撲傷を負っており、検察は女性の自由を侵害する行為として起訴した。
(7月3日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP