四川6.0地震の影響はなし 多発地帯としての注意喚起

中国の四川省で6月17日(月)にマグニチュード6.0規模の地震発生により台湾のプレートへの影響を懸念する声が挙がっていることを受け、中央気象局地震側報中心の陳國昌主任は18日(火)、四川省一帯のプレート内部の圧力が高まったことで発生したもので、台湾への影響はないことを発表した。
また台湾の新北市消防局国際特捜隊は18日(火)、四川のほか日本の山形県沖で18日(火)に発生した地震への支援活動に備え、隊員の緊急招集を発令したほか、器材の整備を実施。隊員36人と救助犬6匹、救援器材を揃え、支援要請に備えているという。
同局長・黄徳清氏は改めて市民らに対し注意を喚起。平常時の防災グッズなどの備えや、アメリカの「FEMA(緊急事態管理庁)」による標語「身を低くし、隠れ、待機する」の遵守、発生後の被害確認や非難など被害予防のための3ステップとして推奨している。
(6月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 地元新聞「聯合報」に、9月11日(水)、夫の不倫相手を糾弾する広告が掲載され、物議を醸している。…
  2. 総統選への出馬を表明している高雄市長の韓國瑜氏が9月8日(日)、新北市の大台北都会公園にてプロモ…
  3. 台湾内政部は9月11日(水)、最新の「簡易生命表」を公布。これによると、昨年の台湾における平均寿…
PAGE TOP