同性愛隠し結婚の男性 愛人作り離婚、妻が告訴

台南市に住む女性が、近頃夫の不倫相手である男性を相手取り10万元の賠償を求め告訴するという出来事があった。
夫妻は2017年に結婚、その後夫は自らと同様に女性と結婚し子どものいる男性と知り合い、不倫関係に発展。妻は2人がホテルにいる現場を押さえたが、夫は「妻と恋人のどちらも大切」と主張、妻はこれを受け入れられず昨年8月に離婚した。離婚に際し妻は夫から38万元の慰謝料を受け取っていたが、今回は相手の男性が配偶者としての権利を脅かしたとして男性を告訴、台南地方法院民事合議庭は男性2人に女性への賠償責任があるとして支払いを命じた。
(6月4日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 地元新聞「聯合報」に、9月11日(水)、夫の不倫相手を糾弾する広告が掲載され、物議を醸している。…
  2. 総統選への出馬を表明している高雄市長の韓國瑜氏が9月8日(日)、新北市の大台北都会公園にてプロモ…
  3. 台湾内政部は9月11日(水)、最新の「簡易生命表」を公布。これによると、昨年の台湾における平均寿…
PAGE TOP