同性パートナーの存在認めず 家族が葬儀場から追い払う

掲示板サイト「批踢踢」にて近頃葬祭業に就く人物が、同性カップルの葬儀に際し家族がパートナーを関係者として認めなかったこ出来事について書き込んだ。

投稿によると死者の家族らは安置所にて、パートナーの女性を「関係のない人物」として冷たい言葉を浴びせ、追い払い、さらに許可なく入れないよう葬祭業者らに指示。投稿主も業務上家族の指示に従わざるを得なかったが、度々現れては跪いて懇願する女性に共感し、最後の対面に協力。ネット上では同性カップルの法的権利を呼び掛ける声が挙がっている。

(8月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP