同性カップル結婚訴訟 部分敗訴に遺憾の意

 

台北市に住む同性カップルが3年前、中正区の戸政事務所に結婚登記を拒否され、同事務所を相手取った行政訴訟で、台北高等行政法院は10月12日(木)、同事務所の拒否はすでに違法とする一方、2人の結婚登記を却下した。

同法院は、現行の法律には同性婚に該当する項目がないことを理由に却下。

2人を担当する弁護士は部分敗訴に遺憾を表明、市政府の迅速な対応を要求している。

(10月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市三民区にある小学校で、学校指定の制服が一式4000元余りと高額であることか…
  2.   行政院は5月14日(月)、低給与の救済に関する法案を公布。来年1月にも1…
  3.   日本で焼き鳥修業中山北路二段から林森公園につながる小路を入ると、真新しいコンクリート打…
PAGE TOP