同僚警官陥れる謀略 薬物業者と手を組み

新北市警察局林口分局に勤める刑事が、かねてから折り合いの悪かった同僚刑事を陥れる行為を働いたとして、新北市地方検察署は5月27日(月)、公務員国防外秘密漏洩罪で同刑事を起訴した。
検察と警察の合同捜査によると同刑事は昨年2月、LINEを通じて薬物売買業者の女に連絡。競合相手を潰す計画に乗るよう持ちかけると、女は過去に薬物事件の摘発に関わった刑事の個人資料の提供を要求。刑事は薬物取り締まり担当者のチャットアプリ「微信」アカウントを女に渡し、同時にグループから削除するよう依頼した。同刑事は発覚後も容疑を否認、潜入の一種だったと主張している。
(5月28日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  2. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
  3. 屏東縣警察局恆春分局は8月5日(月)夜、満州郷にて周辺一帯の民家に忍び込み食糧などの盗みを繰り返…
PAGE TOP