台鐵車内で刺殺事件が発生 鉄道警察の男性刺され死亡

台湾鉄道車内で、7月3日(水)夜、鉄道警察の男性が乗客の男にナイフで刺殺されるという事件が発生した。
事件があったのは台北を終点とする北向きの自強號で、嘉義駅に到着する直前の出来事だった。男は台南駅から乗車、切符を持っておらず車掌に対し嘉義駅で購入すると約束。しかしながら別の車両へ逃げようとしたため鉄道警察の男性が出動すると、男は激高しナイフで男性の腹部を刺した。
男はほかの乗客や乗務員らによって現場で取り押さえられたが、男性の傷は内臓まで達しており、医療機関に搬送されたものの翌朝出血性ショックなどで亡くなった。
(7月4日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP