台鐡花東チケット 旅行社が違法に予約

 

旅行会社3社が、「台鐡(台湾鉄道)」の花蓮駅―台東駅に至る花東線チケットを2016年から大量に押さえていたことがわかった。

旅行社は光隆、天海と晨風の3社。鉄道警察と台鐡が合同で行ったネット浄化プロジェクトにより発覚した。

調べによると同3社はスタッフや友人・親戚の身分証、虚偽のアカウント、台鐡が外国人向けに設置する英文予約システムを使用したほか、「VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)」を通じ国外から予約を行うなどし、2年間で乗車チケット計3万5481枚を購入していた。価格は約1千万元にのぼる。現在、偽造文書罪違反で花蓮検察署に移送されている。

(3月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 鮮度のいい鶏を頑固にオークラホテル裏手の「頑・居酒屋」は、日本の焼鳥屋での修行を含め、この道…
  2. 日本の事故物件紹介サイト「大島てる」に台湾の物件9件が登録されていることがわかり、ネット上で注目を集…
  3. 中南部立法委員会は近頃、タバコの価格に対する市民の不満を受け、問題の解決に当たる方針を示した。…
PAGE TOP