台湾最西の小学校 卒業生にお祝いの品

 

澎湖県の小島・花嶼島にある〝台湾最西〟の小学校「花嶼國小」にて6月12日(火)、小学生1人と幼稚園児2人の卒業式典が執り行われた。

同校は全校生徒が9人で、来年度は8人になる。小学校を卒業した女子生徒は計38点の贈り物を手にし、元気に学び舎を後にした。来年度は澎湖本島の馬公國中に進学することになる。

花嶼は若者が小学校を出た後本島などに渡るため、全人口が100人余りと過疎が進む。

(6月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 公式発表では80慢人を動員したとされる高雄市の年越しカウントダウンイベント会場で、パパイヤミルク…
  2. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  3. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
PAGE TOP