台湾最西の小学校 卒業生にお祝いの品

 

澎湖県の小島・花嶼島にある〝台湾最西〟の小学校「花嶼國小」にて6月12日(火)、小学生1人と幼稚園児2人の卒業式典が執り行われた。

同校は全校生徒が9人で、来年度は8人になる。小学校を卒業した女子生徒は計38点の贈り物を手にし、元気に学び舎を後にした。来年度は澎湖本島の馬公國中に進学することになる。

花嶼は若者が小学校を出た後本島などに渡るため、全人口が100人余りと過疎が進む。

(6月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市にて自家用車を運転中の男性がほかの車両に接触、飲酒していたため摘発を恐れ香水で口を漱いだと…
  2. 台湾鐵道では4月4日(木)~7日(日)の清明節連休に際し、3日(水)から特別ダイヤでの運行を実施…
  3. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
PAGE TOP