台湾映画、さらなる快挙 香港映画祭で監督賞を受賞

台湾映画「誰先愛上他的」の監督・徐譽庭氏が11月25日(日)、香港にて行われた「香港アジアン映画祭」で最優秀新人監督賞を受賞した。
 
同作は今年の台北映画祭にて作品賞とメディア推薦賞、最優秀男優賞及び最優秀女優賞を、台湾金馬奨では最優秀主演女優賞と編集賞、オリジナル歌曲賞を受賞するなど今年一番の注目作品。公開初週の興行収入が1500万元を記録、興行収入トップを飾った。
 
また同性愛を描いた作品であることから国民投票前後にさらなる注目が集まり、歌手のHebeも投票日に同作を鑑賞したことをコメントした。
 
(11月20日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣口湖郷にある養鶏場で、2月4日(月)大晦日(除夕)の夜、大量の爆竹音に驚いた鶏約1500羽…
  2. Facebook状の掲示板「爆怨公社」にて近頃、がんを患う女性の投稿が議論を醸している。…
  3. 高雄市に住む3歳の女児が1月20日(日)、父親に連れられ出かけたガソリンスタンドにて、高圧の空気…
PAGE TOP