台湾南部の観光地で閑古鳥 営業収入が5~9割減少

 

台湾南部の観光地として有名な恒春半島の観光業者より、近頃観光客数が昨年に比べ100万人以上減少していると報告された。

今年上半期、墾丁国家公園内の観光地点における観光客数は132万8700人と〝雪崩式〟に減少。特に中国人に人気のスポット「鵝鑾鼻」、「猫鼻頭」の状況が最もひどく、観光業者は政府が改善に着手することを期待しているという。

墾丁国家公園管理処によると、今年上半期に同園を訪れた観光客数はわずか211万人余り。昨年の約344万人と比較し、132万8700減少したうえ、特に人気だった「鵝鑾鼻」で昨年比25万人減の43万人、「猫鼻頭」は73万人減の33万人しか訪れていないという。

同地区では、近年の観光盛況を受け、旅館や民宿などの宿泊施設、商業店舗が急増。しかしながらこの1年の売り上げは、例年の1割~5割程度に留まっている。

(7月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP