台湾中部玉山で2cmの積雪 冷気団と大気中水分上昇

 

台湾中央気象局によると、台湾中部の玉山にて12月7日(木)0時30分頃から降雪があり、2cmほど積もったことがわかった。

同日、玉山周辺は微弱な冷気団に包まれており、気温は0度を下回った。また湿度が高いことから0時30分から2時頃にかけて降雪があった。気象局予報員・李孟軒によると同日朝から昼頃にかけて気温は上昇したものの、空気中の水分が多いため玉山では1日中降雪の可能性があったという。

一方、花蓮縣と南投縣の境界に位置する合歡山では十分な条件が揃わず、降雪は見られなかった。

(12月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
  2. 懐かしい和風洋食の味林森北路5條に今年3月オープンした焼鳥バル「紀どり」。居酒屋風の外観に反…
  3. 1 「罰金18万元」聞いた41歳男性がショック死 2 高雄で老人に強酸浴…
PAGE TOP