台湾中部玉山で2cmの積雪 冷気団と大気中水分上昇

 

台湾中央気象局によると、台湾中部の玉山にて12月7日(木)0時30分頃から降雪があり、2cmほど積もったことがわかった。

同日、玉山周辺は微弱な冷気団に包まれており、気温は0度を下回った。また湿度が高いことから0時30分から2時頃にかけて降雪があった。気象局予報員・李孟軒によると同日朝から昼頃にかけて気温は上昇したものの、空気中の水分が多いため玉山では1日中降雪の可能性があったという。

一方、花蓮縣と南投縣の境界に位置する合歡山では十分な条件が揃わず、降雪は見られなかった。

(12月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 長栄航空(エバー航空)の客室乗務員が加入する労働組合「長栄航空企業工会」は6月11日(火)、同社…
  2. 彰化縣で6月10日(月)22時頃、国道1号線を走行する高速バスが横転し、3人が死亡、13人が重軽…
  3. 忘れられぬ麻辣湯上海にいた頃、週イチで食べてたのが四川の「麻辣湯」。要は火鍋と同じ要…
PAGE TOP