台湾の空撮専門家が死亡 ヘリコプター墜落事故で

 

台湾の空中撮影監督・チー・ポーリン(斎柏林)氏が6月10日(土)、撮影のため搭乗したヘリコプターの墜落により事故死した。52歳だった。

監督は台湾國道新建工程局の職員として、長年航空写真を撮り続けてきた。2013年に発表したドキュメンタリー作品「天空からの招待状(看見台湾)」は同年の金馬奨を受賞。全編空撮で、台湾の山や海、田畑など美しい自然と対比する形で、工場の排煙や排水など破壊されゆく自然の様子を浮き彫りにし、ドキュメンタリー作品としては異例のヒットとなった。

ヘリが墜落したのは、花蓮縣の豊濱大港口付近。操縦士と監督のほか、25歳の撮影助手も同乗していたがともに死亡が確認された。

監督は9日(金)に受けたインタビューで、「天空から〜」の続編を構想中であることを明かしており、期待が高まっていた中での突然の訃報だった。

(2017年6月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP