台湾の監督、性的暴行で通報 過去作品でも女優が被害

台湾の映画監督・鈕承澤が12月5日(水)、新作「跑馬」の撮影中、女性スタッフに性的暴行を加えたとして通報された。監督側は告訴しないよう求めているが、女性は態度を強固にしている。
また今回の件に絡み、鈕承澤が11年前に製作した「ビバ! 監督人生(情非得已之生存之道)」に出演した女優・柯奐如に対し〝芸術のための犠牲〟と称し全裸でのベッドシーンを強要したことが報道された。
なお新作「跑馬」にはオーディション番組「偶像練習生」からデビューの台湾人アイドル・陳立農も出演、ファンらの間では製作の続行を危ぶむ声も聴かれる。
(12月6日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
  2. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
  3. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
PAGE TOP