台湾の大御所タレント自殺 仕事の重圧が原因か

新北市深坑区の賃貸アパートにて6月18日(火)、台湾のタレント・江明学の遺体が発見された。警察の調べによると室内に遺書が残されており、自殺とみられる。
江明学は1984年、歌手としてデビュー。TV番組の司会など活動の幅を広げていた。しかしながら昨年9月、違法薬物の使用が発覚。ここ2年ほど仕事のプレッシャーにより薬物を使用するようになっていたと自白し、薬物所持で起訴、執行猶予1年などの罪が確定していた。
遺体は物件の持ち主である大家が発見。数カ月に渡り賃貸料が未払いだったが連絡が取れず、自宅を訪れたという。
(6月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP