台東・緑島のゴミ エコライフを提言

 

「台東縣自然人文学会」は近頃、緑島に生息する「ハマベンケイガニ」の保護活動に際し、同エリアの一斉清掃を実施した。

このカニは台湾やニューカレドニア、フィジーなどの海岸林に生息する貴重種。今回は4回に渡る清掃で、1288件に及ぶゴミが回収され、うち38%がペットボトル類だったという。同学会は同地を訪れる観光客に対し、タンブラーを使用しゴミを出さないエコライフを提言している。

(8月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
  2. 懐かしい和風洋食の味林森北路5條に今年3月オープンした焼鳥バル「紀どり」。居酒屋風の外観に反…
  3. 1 「罰金18万元」聞いた41歳男性がショック死 2 高雄で老人に強酸浴…
PAGE TOP