台東・緑島のゴミ エコライフを提言

 

「台東縣自然人文学会」は近頃、緑島に生息する「ハマベンケイガニ」の保護活動に際し、同エリアの一斉清掃を実施した。

このカニは台湾やニューカレドニア、フィジーなどの海岸林に生息する貴重種。今回は4回に渡る清掃で、1288件に及ぶゴミが回収され、うち38%がペットボトル類だったという。同学会は同地を訪れる観光客に対し、タンブラーを使用しゴミを出さないエコライフを提言している。

(8月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP