台大校長選任案にNO 学生らがボイコット表明

 

教育部が、中央研究院の管中閔氏の台湾大学校長就任を却下した件で、同大学の学生らは教育部の決定を拒否する意思を表明。5月4日(金)、校内に集合し21分間のボイコットを行うことを呼び掛けた。

大学側はこれに対し「生徒の意見を主張する行為を尊重する」として場所の提供に応じた。この件に関し、前教育部長・潘文忠氏が同大学の〝天下り〟人事を非難し辞任している。

(5月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣口湖郷にある養鶏場で、2月4日(月)大晦日(除夕)の夜、大量の爆竹音に驚いた鶏約1500羽…
  2. Facebook状の掲示板「爆怨公社」にて近頃、がんを患う女性の投稿が議論を醸している。…
  3. 高雄市に住む3歳の女児が1月20日(日)、父親に連れられ出かけたガソリンスタンドにて、高圧の空気…
PAGE TOP