台大校長選任案にNO 学生らがボイコット表明

 

教育部が、中央研究院の管中閔氏の台湾大学校長就任を却下した件で、同大学の学生らは教育部の決定を拒否する意思を表明。5月4日(金)、校内に集合し21分間のボイコットを行うことを呼び掛けた。

大学側はこれに対し「生徒の意見を主張する行為を尊重する」として場所の提供に応じた。この件に関し、前教育部長・潘文忠氏が同大学の〝天下り〟人事を非難し辞任している。

(5月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP