台南の風俗店に一斉摘発 来店客に警察関係者も

台南市警察局は7月29日(月)未明、市内で性風俗産業を展開するホテルに立ち入り捜査を実施、勤務する女性や来店客らを一斉摘発したところ、客の中に警察関係者1人がいたことがわかった。
同局では、内政部警政署警政委員などを歴任した周幼偉氏が警察局長に就任して半年。風俗店などの取り締まりを強化している。今回、警察内部の関係者が摘発対象にいたことで、局長は激怒しているという。
同ホテルは、女性スタッフが着衣を脱いでサービスする「ストリップホテル」として10年以上に渡り営業しているとの噂があり、管轄区域の警察署で調査を徹底、立ち入り捜査に踏み切った。
なお摘発された人物は「捜査のため現場にいた」と話しているが、風俗店など8業種の店舗を捜査で訪れる場合は事前に申請を必要とするうえ、同店関係者はこの人物を「常連客」と証言している。
(7月31日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP