台南の大学で学生の遺体 清掃員の男殺害容疑

台南市の成功大学教育研究所に所属する24歳の女子学生が、10月28日(日)21時頃、校内で遺体で見つかった事件で、同市警察は29日(月)、同大学の清掃員の男を逮捕した。

男は42歳で、左目の視力に障がいがあり、障がい者枠で雇用され月収は2万2000元。女子学生とは面識があり、以前1000元を借りた後、返済しないまま事件当日に再度2000元の借金を申し入れ、断られたことから口論に発展、勢い余って殺害したと話している。女子学生の遺体は同級生によって発見され、首に絞殺痕があり口には雑巾が詰め込まれていた。

なおネット上などでは学校の管理責任を問う声も上がっている。

 

(10月31日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP