台南の塗料工場で火災発生 引火相次ぎ、鎮火後も再燃

 

台南市西港区にある塗料・接着剤工場にて10月11日(水)正午頃火災が発生。消防車26台が緊急出動し、15時頃火は消し止められたものの18時頃再燃火災が起き、工場は全焼した。

台南市消防局によると焼失面積は150坪に渡り、工場内にいた作業員3人は無事に避難、けが人は出なかったという。同工場は塗料や接着剤を生産しており、工場内にはトルエン30バレル、アセトン60バレル、エチルエステル66バレルを有していた。そのため引火が相次ぎ、連続した爆発と黒煙も発生した。環境保護局は現場調査の結果、汚染物質濃度は高くないと報告している。

また彰化縣の石油化学大手・台塑石化が1年前から稼働を休止している件で、縣は環境保護署の調査記録に基づき、同社に罰金12億元を科すことを公表した。環境保護処分としては史上最高額。同社は環境汚染が問題視されており、停止を余儀なくされている。

(10月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 交通部は近頃、「道路交通違反管理統一罰則基準及び処理細則」の改正を完了。これによると来年1月1日…
  2. 新北市で高齢者の看護師として勤めるフィリピン人女性が、雇用主からセクハラを受けたとして訴えた件で…
  3. 台湾の映画監督・鈕承澤が12月5日(水)、新作「跑馬」の撮影中、女性スタッフに性的暴行を加えたと…
PAGE TOP