台南の塗料工場で火災発生 引火相次ぎ、鎮火後も再燃

 

台南市西港区にある塗料・接着剤工場にて10月11日(水)正午頃火災が発生。消防車26台が緊急出動し、15時頃火は消し止められたものの18時頃再燃火災が起き、工場は全焼した。

台南市消防局によると焼失面積は150坪に渡り、工場内にいた作業員3人は無事に避難、けが人は出なかったという。同工場は塗料や接着剤を生産しており、工場内にはトルエン30バレル、アセトン60バレル、エチルエステル66バレルを有していた。そのため引火が相次ぎ、連続した爆発と黒煙も発生した。環境保護局は現場調査の結果、汚染物質濃度は高くないと報告している。

また彰化縣の石油化学大手・台塑石化が1年前から稼働を休止している件で、縣は環境保護署の調査記録に基づき、同社に罰金12億元を科すことを公表した。環境保護処分としては史上最高額。同社は環境汚染が問題視されており、停止を余儀なくされている。

(10月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市三民区にある小学校で、学校指定の制服が一式4000元余りと高額であることか…
  2.   行政院は5月14日(月)、低給与の救済に関する法案を公布。来年1月にも1…
  3.   日本で焼き鳥修業中山北路二段から林森公園につながる小路を入ると、真新しいコンクリート打…
PAGE TOP