台北最大の映画祭が閉幕 大賞受賞作はアニメーション

台北市中正区の中山堂にて7月14日(土)夜、「第20回台北電影奨」の授賞式が執り行われ、アニメーション作品「幸福路上」が「アニメ映画大賞」及び「観客奨」、「百万元大賞」をトリプル受賞、最大の注目を浴びた。

ノミネートされた作品の関係者らのほか、過去の受賞者がプレゼンターとして一同に会する同イベント。最優秀主演女優賞・男優賞はともに「誰先愛上她的」のシエ・インシュエン(謝盈萱)とロイ・チウ(邱澤)が獲得。2人とも初の受賞とあって涙ながらに感謝の意を込めスピーチし、会場に感動を伝えた。

最優秀助演女優賞に輝いた「血観音」のウェン・チー(文淇)、最優秀新人賞「アリフ・ザ・   プリン(セ)ス」のウジョンオン・ジャイファリドゥ(舞炯恩)は欠席のため、それぞれ監督と共演者が受賞スピーチを代弁。また助演男優賞のジェン・レンシュオ(鄭人碩)は「角頭2」と「アリフ〜」に出演。

(7月17日)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP